憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

シーボルトコレクション オランダの博物館蔵の絵6点 北斎作の可能性が!!

旅行

シーボルトコレクション オランダの博物館蔵の絵6点 北斎作の可能性が!!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

第10回国際シーボルトコレクション会議

江戸時代後期の長崎・出島オランダ商館医、シーボルトの研究成果を報告する「第10回国際シーボルトコレクション会議」が2016年10月20~22日、長崎市で開かれた。


会議は同博物館とオランダ・ライデン市の日本博物館「シーボルトハウス」の共催。これまではライデン市など海外を中心に開いてきたが、今年はシーボルトの没後150年を迎えることから、縁が深い長崎市での開催された。

 

オランダのライデン国立民族学博物館に所蔵され、作者不明とされてきた絵画6枚の作者が、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849年)だったことが同館の調査で分かった。長崎市で22日にあった「国際シーボルトコレクション会議」で、同館シニア研究員のマティ・フォラー氏が発表した。西洋画の特徴がみられ、フォラー氏は「北斎が西洋の技法をよく理解していたことが分かる。非常に画期的だ」と話している。



 絵画は水彩画5枚と石版画1枚で、日本橋や品川など、江戸の街並みが描かれている。江戸後期から幕末にかけて日本に滞在したドイツ人医師、シーボルトが集めた作品の一部。落款やサインはなく作者は不明だったが、シーボルトの子孫が保管していたシーボルト直筆の目録に6枚の絵のことが記録されていることをフォラー氏が確認した。目録には「北斎が我々のスタイルで描いたもの」という記述もあった。

 

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

<オランダの博物館所蔵>北斎の西洋画だった 作者不明6枚

日本画では墨で輪郭を取って色付けするが、見つかった水彩画は縁取りせずに描く西洋画の技法が用いられている。また、画面の3分の2を使い、空を大胆に描く構図にも西洋画の特徴がみられる。これまでの北斎の絵画ではみられなかった特徴という。

 シーボルトは1823年、江戸時代の鎖国期に長崎オランダ商館の医師として来日。フォラー氏によると、シーボルトが残した記録には、1826年に江戸に上った際「上手な絵師と会った」という記述があり、この際に北斎から絵画を受け取ったとみられる。フォラー氏は「西洋人が描いたと思っていたので、とても驚いた」と話している。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

シーボルトはオランダ使節団に随行して23年、医師として出島のオランダ商館に赴任していました。
シーボルトがオランダに持ち帰った日本コレクションは多くあり、長崎で愛妻お滝さんと暮らしていた幸せな日々が偲ばれます。
シーボルトとお滝さんの物語もぜひ知っていただきたいです。

これも知って欲しい!!シーボルトとお滝さん おたくさとは?

シーボルトは、アジサイにHydrangea Otakusaと学名をつけましたが、この"Otakusa"という名はシーボルトの日本における妻楠本滝(1807~1865)の名にちなむという説があります。

シーボルトの娘たちの悲しい物語

シーボルトが残した功績は大きいものでしたが、残された家族には悲しい物語が残っています。
シーボルトの娘として生まれたイネは、混血児特有の目鼻立ちの整ったスタイルの良い美女でした。
日本初の女医としても有名です。
イネは25歳の時、信頼していたシーボルトの弟子である石井宗謙という56歳の男性に強姦されて娘を生むことになるのです。

その娘は高子と名付けられ、13歳まで長崎の祖母お滝さんのもとで育ちます。
やがて三瀬諸淵と結婚するも先立たれ、産婦人科の道を目指します。
しかし、医師・片桐重明に船中で強姦されてしまい、息子周三を生むこととなり、医学の道をあきらめたと言われています。息子周三は後にイネの養子となりました。
美しく生まれたゆえの悲劇だったのです。

娘のイネは日本人初の女医となりました。

孫 楠本高子

ちなみに高子の美しい容貌は、松本零士が『銀河鉄道999』のメーテルや『宇宙戦艦ヤマト』のスターシャのモデルにしたと言われているのです。

シーボルト記念館

シーボルト記念館は、江戸時代に西洋近代医学を

伝え、日本の近代化に貢献したシーボルトを顕彰

するために、平成元年(1989)に開館しました。

文化観光部 文化財課 シーボルト記念館 

電話番号:095-823-0707

ファックス番号:095-823-0170

住所:長崎市鳴滝2丁目7番40号

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、江戸時代の日本に西洋医学や博物学を伝え、科学的な総合調査にもとづきヨーロッパに日本を広く紹介しました。本館は、日本の近代化に貢献したシーボルトを顕彰するために長崎市が設置したもので、平成元年(1989)10月1日に開館しました。国指定史跡シーボルト宅跡(鳴滝塾跡)に隣接し、建物の外観はオランダ・ライデン市のシーボルト旧宅を、玄関はシーボルトの祖父カール・カスパル宅をイメージしたものです。
1階ホール・ロビーでは、映像でシーボルトの生涯を紹介しています。2階常設展示室では、シーボルトの生涯と功績を6つのコーナーに分けて展示しています。3階企画展室では、年に数回の企画・特別展を開催しています。

開館時間

午前9時~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日は開館)、12月29日~1月3日

入館料

一般:100円 小中学生:50円 
(団体割引(15人以上)一般:80円 小中学生:30円)

出典 http://www.city.nagasaki.lg.jp

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ