キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

長崎の美味しいものを食べつくそう!!絶対に食べたいもの10選!

旅行

長崎の美味しいものを食べつくそう!!絶対に食べたいもの10選!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

長崎を食べつくそう!

色んな文化が融合した長崎は長崎ならではの美味しいものがたくさんあります。
食材の豊富さと新鮮さは言うまでもなく、日本料理・西洋料理・中華料理とそれぞれの良さが溶け合った長崎ならではの卓袱料理など、メニューの豊富さにも驚かされます。長崎観光の醍醐味は長崎を食べつくす事にもあります。
ぜひ、長崎のグルメ旅行も楽しんでください。

1.長崎ちゃんぽん

長崎県長崎市発祥のちゃんぽんは福建省の福建料理をベースとしている[1]。明治時代中期、長崎市に現存する中華料理店「四海樓」の初代店主陳平順が、当時日本に訪れていた大勢の中国人(当時は清国人)留学生に、安くて栄養価の高い食事を食べさせる為に考案したとされる[1]。一方異説もあり、明治初年には既に長崎人の本吉某が長崎市丸山で、支那饂飩をちゃんぽんの名で売り出していたともいう[12]。1907年(明治40年)に出版された『長崎縣紀要』には「チヤポン」の表記で濃厚な味ながら支那留学生や書生の好物で、すでに市内十数か所で提供されていたことが紹介されている[13]。豚肉、ネギなどの野菜、蒲鉾など魚肉生産品、十数種の具材をラードで炒め、豚骨と鶏がらでとったスープで味を調える。そこにちゃんぽん用の麺を入れて煮立る(他の中華麺類との大きな違い)。公正競争規約施行規則別表では、長崎チャンポンは「長崎県内で製造され」また「唐あく」と呼ばれる長崎独特のかん水で製麺したものと規定する。そのため長崎のちゃんぽん麺は他県で製造されたものと成分が異なり、独特の風味がある。

出典 http://

2.皿うどん

出典 http://livedoor.blogimg.jp

長崎市の中華料理店四海樓の陳平順が、「炒肉絲麺(チャニイシイメン、麺と細切り肉を炒めた焼きそば)」をベースに、ちゃんぽんを出前用にアレンジして配送時にこぼれないよう汁を少なくしたものである。なお当時から長崎ではちゃんぽんの出前が盛んで、蓋をつけた専用の丼も作られるようになった。このような経緯から当初の麺や具材はちゃんぽんとほぼ同様であり、現在でも「ちゃんぽん・皿うどん」のように一緒に紹介されることも多い。見た目が皿に盛った焼きうどんのようだった事などから「皿うどん」の名が付き、その後堅焼きそばが伝わって長崎で発展し、同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれている。

九州地方では全体的に人気が高く、2004年11月に九州の地方銀行系シンクタンク6社が共同で行なった郷土料理の調査では、「ちゃんぽん・皿うどん」は、知っているか、食べた経験があるか、食べたいかの3部門全てについて回答者の90%以上が肯定し、1位を獲得している。

出典 http://

3.茶碗蒸し 吉宗

創業148年! 江戸の昔より継承された伝統の味『元祖茶碗むし』や『卓袱料理』を

創業148年という伝統ある和食店です。なんといってもこの店の名物は『茶碗むし』。【吉宗】の『茶碗むし』は、茶碗むしと蒸し寿司が一対となった夫婦蒸しで他にはない独特なもの。創業当時から変わらぬ伝統の味がそのまま生きる一品です。また、宴会には長崎の卓袱(しっぽく)料理がおすすめ。卓袱料理は鎖国時代に唯一の貿易港であった長崎に唐風、南蛮風の料理が伝わり、その料理法が長崎の恵まれた山海の幸に用いられ、和風の良さが加えられたもの。これもまた『茶碗むし』と並ぶ吉宗の伝統の味です。昭和2年に建てられた和の趣き豊かな空間で、伝統の美味に舌鼓を打てば、心豊かなひとときが過ごせます。

出典 http://

4.トルコライス

出典 http://livedoor.blogimg.jp

トルコライスまたはトルコ風ライスは、長崎県、主に長崎市を中心としたご当地グルメ。一皿に多種のおかずが盛りつけられた洋風料理。

大阪市、神戸市にもトルコライスが存在するが内容は各所で異なる(なお、九州では長崎県以外ではほとんど見られない)。

最も一般的なのはピラフ(ドライカレー風も有)、ナポリタンスパゲティ、ドミグラスソースのかかった豚カツという組み合わせである[1]。盛り付けとしてはピラフとスパゲティとサラダを皿に盛り、その上からカツカレーのごとく豚カツをのせる。

近年は長崎を紹介する旅番組でご当地グルメとして紹介されたり、料理・グルメ漫画(「駅前の歩き方」や「クッキングパパ」など)で取り上げられるなどメディアでの紹介も増え、2003年頃からはセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアで弁当として販売されるようになっている。

出典 http://

5.卓袱料理

出典 http://retrip.jp

卓袱料理(しっぽくりょうり)とは、中国料理や西欧料理が日本化した宴会料理の一種。長崎市を発祥の地とし、大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味わう形式をもつ。和食、中華、洋食(主に出島に商館を構えたオランダ、すなわち阿蘭陀)の要素が互いに交じり合っていることから、和華蘭料理(わからんりょうり)とも評される。日本料理で用いられている膳ではなく、テーブル(卓)に料理を乗せて食事を行う点に特徴がある。 献立には中国料理特有の薬膳思想が組み込まれていると考えられている。

出典 http://ja.wikipedia.org

6.ミルクセーキ

牛乳と卵をベースにした飲み物といえば「ミルクセーキ」。でもコレ、長崎にはありません。長崎で「ミルクセーキ」といえば、飲み物ではなくスプーンですくって味わうフローズンデザートなのです。その始まりは大正末期から昭和初期。猛暑と坂道のWパンチが襲う長崎の夏、その中を汗だくになって往来する人々を「一気に涼しくしてあげたい!」と、ある喫茶店のご亭主がこのフローズン系「ミルクセーキ」を考案。それが大ブレイクし、長崎県全土へ一気に広がっていったそうです。卵に砂糖、練乳(お店によってはレモン汁)をよーく混ぜ、そこにカキ氷を加えてシャッシャともうひと混ぜすれば、甘さ控えめ、シャキシャキ食感の長崎オリジナル「ミルクセーキ」のできあがり。地元の人にとっては猛暑回避が目的の夏ならではのスイーツでしたが、観光客からの支持も高まった今ではオールシーズン味わえる喫茶店もでてきています。

出典 http://www.nagasaki-tabinet.com

7.角煮饅

豚の三枚肉で作られる中華料理「トンポーロー」。新地中華街ではちゃんぽん、皿うどんに続く人気メニューです。トンポーローの発祥は中国:上海の近くにある杭州といわれていますが、パオと呼ばれるおまんじゅうに挟むスタイルは、明治時代に長崎のとある料理人がはじめたとも。
つまりパオで味わうトンポーローは長崎ならではの食べ方、といってもいいでしょう。
.

新地中華街で味わえるトンポーローは昔ながらの手間暇をかけて作られる逸品ばかり。材料となる豚の三枚肉は、毛と皮がついたままの塊で仕入れて丁寧に毛を抜き、皮目をバーナーでしっかり焼いたら、大鍋で茹でること1~1時間半。その後、食べやすい大きさにカットし、調味料の入ったスープの中で約1時間半煮込みます。肉に味が十分しみ込んだら、やわらかくさせるために蒸し器の中へ。さらにお客様に出す直前に再度蒸され、熱々の状態でテーブルに登場。トロトロのお肉をパオに挟み、煮込んだタレで作ったあんをかけ、さらにお好みで茹でほうれん草をのせて、さあどうぞ!

出典 http://www.nagasaki-tabinet.com

8.ぶたまん 桃太呂

昭和35年に「長崎ぶたまん」の製造をはじめ、現在では「ぶたまんといえばこの店」と、全国的に人気を広げている〈桃太呂〉。この店一番の自信作である、ひとくちサイズのぶたまんは、上質な雲仙豚や国内産小麦粉、新鮮タマネギなど、安心安全な厳選素材を使用。熟練の職人が一つひとつ丁寧に手作りし、製造したその日のうちに売り切ってしまうという、品質や鮮度への特別なこだわりが、永くに愛されている秘密だろう。モチモチの皮の中からあふれ出る、たっぷりの具と肉汁の風味をどうぞ。

出典 http://www.nagasaki-press.com

9.長崎和牛

九州の西端、美しく複雑な海岸線を持つ半島や離島からなる長崎県で、肥育を目的として生産された和牛の総称。
夏は比較的涼しく、冬は比較的暖かい、恵まれた自然環境の中で、1頭1頭が丹精と愛情を込めて育てられています。
肉本来の旨みを持つ赤身と、まろやかな味わいの脂身が絶妙なバランス。柔らかな食感、ジューシーで脂の口溶けがたまらない長崎和牛。
厚切り肉ならステーキなどシンプルに、薄切り肉ならしゃぶしゃぶやすき焼きなど、肉の旨みが味わえる食べ方がおすすめ。

出典 http://www.nagasakiwagyu.com

10.シースケーキ

日本において、ショートケーキには生クリームを用い、飾り付けに苺を載せたものが一般的だが、シースケーキには生クリーム以外にスポンジ生地の間にはさみ込むためにカスタードクリームを用いる。また生地も幾分しっとりしたカステラ風のもので、飾り付けには生クリームおよび缶詰入りのシロップ煮された黄桃とパイナップルが使われる。

昭和30年代初頭に、長崎市の洋菓子店「梅月堂」が当時でも入手が容易だった原材料を用いて発売したのが始まりとされ、その後長崎市内にある他の洋菓子店でも販売されるようになった。そのため長崎市では広く知られているものの、市周辺以外ではあまり一般的ではない。

シースケーキの「シース」とは英語で"sheath"、つまり刀の鞘(さや)を意味する。これは発売当初のシースケーキの形状と、その誤訳に由来している。発売当初のシースケーキはブッセ生地にカスタードクリームをはさみ、その上にトッピングを施したものだったため、その様子が豆の莢(さや)に似ていることから名付けられることになった。ところがこの際に本来なら"pod"(莢)という訳語を当てるべきところを誤って"sheath"(鞘)を当てそれが定着したとされている。2009年2月12日放送の『秘密のケンミンSHOW』では梅月堂関係者がこの事実に気付いたのが放送時からさかのぼって4年前、すなわち2005年頃と紹介された。

出典 http://ja.wikipedia.org

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ